院長のご挨拶

統合ヒーリング Kinesiology エネポート
院長 遠藤雅樹
(えんどう まさき)

はじめまして、院長の遠藤です。
エネポートが目標とするのは、ただ体が健康(ヘルス)というだけでなく、
心の底からイキイキと自分の個性を発揮して、可能性にチャレンジし、 人生の豊かさ(ウエルネス)を楽しむ人が増えること。そして、そのイキイキとしたエネルギーが周りにも広がっていき、みんなが心から豊かに生きる社会となることです。
そのために有効なツールとして、インテグレートヒーリングブレインジム個人セッションを提供するとともに、タッチフォーヘルスブレインジム公式クラス体験会・講座等、キネシオロジーの普及に力を注いでいます。 
講座はユーモアにあふれてわかりやすく、楽しく学べると受講生から好評をいただいておりますが、人生の宝物になるような講座を目指して日々研鑚しています。


《プロフィール》
1971年、岐阜県生まれ。専修大学経営学部卒。
大学時代に「心と体の調和・自身と相手の調和・自分と宇宙の調和」という合気道の考えに惹かれ合気道にのめり込む。(合気道2段)
その後、氣の世界に惹かれ氣功をならい、もっと氣の世界、経絡・体の仕組みが知りたいと思いいったん就職したものの、鍼灸マッサージの学校に入学。鍼灸マッサージ専門学校(神奈川衛生学園専門学校)を首席で卒業。

1999年に鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。川崎の鍼灸院にて、難病・寝たきりの在宅リハビリを中心に5年間修行。

2003年「鍼灸マッサージえんどう治療院」として独立開業。

2006年、さらなる治癒の道を究めるべくキネシオロジー各種を学び始め、患者さんのことを一番わかるのは「患者さん自身の身体」であること。つまりキネシオロジーテスト(筋肉反射テスト)を通して、患者さん自身の内なる知性にアクセスすれば、自然治癒力をよりよく引き出し、根本的な治癒や人生の質を高める施術ができることを実感する。

2007年拠点を葉山に移し、キネシオロジーを使った鍼灸施術を行うとともに、健康講座やブレインジムとタッチフォーヘルスの講座を開催。

2008年12月、針灸マッサージえんどう治療院内に、キネシオロジー部門「統合ヒーリングKinesiology・エネポート」を設立。

2011年、葉山町役場子育て安心教室の講師、葉山町一色小学校PTA成人講座にてブレインジム指導 

2012年~2013年、小笠原父島でタッチフォーヘルス公式クラスを3回に渡って開催

2014年、東北支援として被災者ケアを行っている未来の風せいわ病院様でブレインジム指導

2015年、葉山町一色小学校PTA成人講座でブレインジム指導

2016年末、日本タッチフォーへルス・キネシオロジー協会・会長 就任。

《資格》
・米国教育キネシオロジー財団認定 ブレインジムインストラクター/コンサルタント
・IKC公認タッチフォーヘルスインストラクター
・IKC公認TFHメタファーインストラクター 
Integrated Healingディプロマプラクティショナー
・ウェルネスキネシオロジープラクティショナー
・鍼灸マッサージ師(臨床経験15年以上)

受講暦》
タッチフォーヘルス・キネシオロジー レベル1~4・メタファー 修了
インテグレート・ヒーリング モジュール1~4 修了
ヒーリングチューニングフォーク(音叉) 修了
ブレインジム 101・OBO・VC・インデプス・動きの再教育 修了
クレア・ホーキング先生の原始反射ー学習と行動への影響 修了
ハラルド・ブルムベルグ博士のBRMT レベル1~3・夢と内なる癒し 修了 
ウェルネスキネシオロジー ストレスリリース1~4・逆境の克服 修了
スリーインワン ステップ1~2 修了
栗原D.C.  AK勉強会 ・栗原ゼミ受講
クォンタムタッチ受講
体感覚カウンセリングセミナー受講
海老原先生の積聚・初級クラス受講
その他


院長のキネシオロジーにかける想い

独立開業する以前は長年在宅リハビリで難病の方の鍼灸マッサージ施術をしていました。
ALS、筋ジストロフィー、慢性関節リュウマチ、パーキンソン病、脳血管障害や脳挫傷よる四肢の麻痺など様々なケースをみてきました。

たとえ症状が腰だけだとしても、全身の様々なところと繋がりがあるので、
部分だけでなく全体のバランスを見て行くことが必要になります。

けれども、健康保険取扱による施術は、施術部位や時間が限られ、
鍼灸マッサージ以外の施術テクニックは使えないなどの制約があります。

診ている患者さんは「やってもらうと楽になる。動きやすくなった。」と
喜んで下さっているのですが、

時には「ちがう施術のアプローチはできないのか?もっといい方法があるのだろうか?」

そして、自分の持てる技術を何の制約もなく発揮して、
「もっと症状の根本から患者さんを施術したい!」という想いが強くなり、
そのため、保健施術への不満を募らせていきました。


そんな思いにモンモンとしていたところ、キネシオロジーに出会いました!

身体は全て知っている。

キネシオロジーテスト(筋肉反射テスト)を使うと、患者さん自身の筋肉がどこをどう刺激したらよいか教えてくれます。

患者さんのことを一番わかっているのは、患者さん自身の身体だったのです。

それから、キネシオロジー独特のエクササイズ方法や調整方法があって、
例えば、痛くて上がらなかった腕が、ほんの2~3分エクササイズしただけで上がるようになったり、脳挫傷で両眼が左に行かなかったのがエクササイズ後に動くようになったり、劇的な変化に目を見張りました。

もちろん鍼灸マッサージだけでも劇的に効果が出るとこがあるのですが、
キネシオロジーを使うと、身体だけでなく
ココロや魂を含めた根本原因へアクセスできます。

根本原因から解決していくことで、より深い癒しをもたらすことができるのです。


「痛み」は身体からのメッセージです。
「心の辛さ」は魂からのメッセージです。


それらは本来のあなたとは違うよ! というメッセージではないでしょうか?

キネシオロジーを使いながら、痛みやつらさのメッセージを紐解き、
本当の自分自身の生き方や人生の方向性に気づくことができれば、
痛みやつらさは気にならなくなり、自己成長につながるのではないでしょうか。


人はみんな自分にしかできない目的を持って生まれてきていると思います。
自分にしかできない個性や可能性を持ってきています。

でも、ブレインジムを創ったポールデニソン博士が
「人は意外と違う山を登っている人が多い」と言ってました。

親の決めた山とか友人の山だとか・・

違う山に登っていることに「気づく」ために、
キネシオロジーが役立つと言っています。

私自身キネシオロジーに出会い、本当に自分がやりたいことに気づけたので、
治療スタイルや生活スタイルを変えることができました。
以前は辛くモンモンとしていた気持ちが、今では晴れ晴れとして壮快な気分です。

例えうまく行かないことがあっても、じゃあどうしたらいいかなと楽しんで取り組めます。

だからエネポートに来ていただいた人にも身体や心が楽になるだけでなく、
ご自分の夢をどんどん叶え、人生を楽しんでいただきたいのです。

私は1人でも多くの人が違う山から下りて、
自分自身の山をワクワク登っていくようにお手伝いしたいのです。

そう、ただ体が健康(ヘルス)というだけでなく、
心の底からイキイキと自分の個性を発揮し、可能性にチャレンジし、
人生の豊かさ(ウエルネス)を楽しむ人が増えてほしい。

そして、そのイキイキとしたエネルギーが周りにもどんどん広がって、
みんなが心から豊かに生きる社会になることを願っています。



《エネポートに込めた想い》

「エネポート」は、「エネルギーの港(ポート)」という意味でつけました。
いらないストレスを降ろし、必要なエネルギーを十分に補給して、
本当のあなたがワクワクしながら「本当に望む未来」へ進むためのサポートをする!
という想いを込めています。風薫る葉山の海

あなたが本当に望む未来へ快適に進むための
あなただけの夢実現の地図を手に入れませんか。

爽やかな風薫る葉山、エネポートでお待ちしております。

統合ヒーリングKinesiology・エネポート
遠藤雅樹